ジェルネイルとは、「ジェル」という液体にライトを照射して硬化させて使う方法です。メインに使用されるライトの種類には、UVタイプとLEDタイプの2つの種類がありますが、それぞれどのような特徴があるか分からない方も多いでしょう。
ジェルには、UVライト限定で硬化する性質があるジェルと、LEDライト限定で硬化するジェルがある他に、UVとLEDのどちらを使っても硬化するジェルがあります。先にジェルを揃えている場合には、自分が持っているジェルがどちらのライトで硬化するジェルなのかをチェックしておくことが重要です。
ジェルネイルに使う2つのライトは、主に値段が違うことと、硬化する時間も違います。UVライトは安い価格になっていますが、硬化は遅いという特徴があり、LEDの場合は価格が高いですが硬化のスピードが速いです。
ジェルネイルの人気の高まりから、最近ではLEDタイプもかなり価格が抑えられてきていますので、これからジェルネイルを始めたいという人はLEDタイプが良いでしょう。硬化が早ければ、ストレスもありませんし、ネイルアートをしたい時も気軽な感覚でできますのでおすすめです。また、特に忙しい人は短い時間の間に施術が完了できる点もメリットです。
とはいっても、初心者にとっては、どれを最初に選べばよいか分からない場合も多いかもしれません。最も分かりやすい便利な方法としては、LEDライトが付属しているものをキットで購入する方法です。キットに予め付属しているジェルであれば、しっかりと硬化しますのでおすすめです。
そして、やり方に少しずつ慣れてきたら、ネイルアートにチャレンジすると楽しさがさらに膨らみます。単色だけよりにストーンを使っていたり、キラキラ光っているデザインだと余計に可愛く見えます。もちろん、やり方が難しいものも多いですが、簡単なアートも豊富に存在します。自分は不器用だから無理、と諦めてしまわずに、最初は便利な道具を使う方法もあります。
例えば、先端が丸い形状のアメリカピンは、ドット棒を使う代わりになります。この方法は丸が綺麗に描けますので、ドットを簡単に作れます。ピンの先にカラーを乗せ、爪にポンポンと乗せていくとドット柄があっという間にできます。ピンが無くても、爪楊枝でも代用できます。太い部分を使えば、花柄の花びらの部分のドットを描くのに便利ですし、細い部分ならラインを引くこともできます。ネイリストおすすめ!簡単セルフジェルネイルキットランキングCafeはコチラ